単刀直入に申し上げると、女性の薄毛は治ります。みなさんにお聞きします。昔の女性ではげや薄毛に悩んでいた女性はいると思いますか?正解はいません。

カウンセリング中

歴史上の男性の人物で禿げている人や薄毛の人はたくさんいます。歴史上の人物の男性肖像画で薄毛の人を見たことがあると思います。

しかし、女性の薄毛の方は見たことがないと思います。薄毛になる原因は、男性ホルモンのバランスと言われています。そのため男性には薄毛で悩む人がいます。

しかし女性の場合、ホルモンの都合上ハゲにはならないと言われています。昔はほとんど見ることがなかった女性の薄毛問題に関して取り上げるテレビ番組が増えているのも、女性の薄毛がここ数年で増えてきた悩みであると言えます。

女性の薄毛は「現代病」と言われています。女性の薄毛が「(ただの)現代病」だからこそ治るのです。

薄毛の原因 1

薄毛の原因は、頭皮の環境が悪い(血行不良や新陳代謝の乱れ)ことが主な原因と言われています。パーマや毛染めを繰り返すことは、薄毛の原因になります。

また、紫外線も頭皮の環境を悪くします。血行が悪いと毛細血管からうまく栄養が補給されず、抜け毛や薄毛の原因になります。

冷え性の方も血行が悪いので薄毛になりやすいと言われています。他にも、運動不足や睡眠不足、ストレスなどが原因で頭皮の新陳代謝が悪くなります。

偏った食生活は、頭皮に十分な栄養が届かないので薄毛の原因になります。

薄毛の原因 2

生理不順や加齢、閉経、過激なダイエットを繰り返すと、女性ホルモンが減少してしまいます。女性ホルモンは薄毛を防ぐ大きな役割を担っています。

この女性ホルモンが減少すると薄毛の原因になります。

薄毛の原因 3 乾燥

エアコンや暖房が利いている環境で過ごすと頭皮が乾燥します。頭皮の乾燥は薄毛に原因につながります。また、頭皮は乾燥するとそれを保護するために脂を出します。

この、皮脂が多く分泌されると、毛穴が詰まったり、頭皮に炎症を起こし、髪の成長を妨害したり、抜け毛の原因になります。

遺伝の影響が大きい男性の薄毛に比べ、女性の薄毛は遺伝が原因でなることはないと言われています。そのため、女性の場合正しい自分の薄毛の原因を知り、ケアをすれば薄毛の改善は大いに可能だと言われています。