薄くなった分け目を見て悲しそうな顔をする女性 イラスト

産後脱毛症について

産後はホルモンのバランスが大きく変わるので、脱毛が起こりやすい状態になります。赤ちゃんを産んだ女性の70%が、髪の毛の減少を感じているようです。

でも、70%もの女性が出産を機にハゲてしまった、ということはなさそうですよね。多くは一時的な症状とみて、問題はないでしょう。

ホルモンの変動

妊娠してから出産、そして産後と、女性ホルモンは大きく変わってきます。妊娠前は2週間ごとに、プロゲステロン(黄体ホルモン)が優位な時期、エストロゲン(卵胞ホルモン)が優位な時期が交互にあり、それが生理周期となっています。

ところが妊娠すると、流産や早産を防ぐために、プロゲステロンが優位な時期が続くのです。プロゲステロンは筋肉の緊張をやわらげ、子宮収縮を起こさせない役割を持っています。

またプロゲステロンは、脱毛を防ぐ作用もありますので、妊娠中に薄毛が気になる女性は少ないでしょう。そして出産後には、ホルモンバランスを妊娠前に戻すために、今度はエストロゲンが急増し始めます。

こうなると今まで脱毛をおさえていたプロゲステロンが減少し、髪の毛が抜けやすくなるのです。でも、反対にエストロゲンは発毛を促す作用がありますので、産後に脱毛があったとしても髪の毛はどんどん生えだし、しばらくすると自然に元に戻っていくのです。

気をつけるべき産後の薄毛

このように、多くの産後脱毛症のほとんどは心配のないものです。ですが、育児による睡眠不足や母乳分泌による栄養不足、さらには育児ストレスがあると、これらが薄毛の原因になってしまうこともあります。

ただでさえ出産の疲れやホルモンバランスの乱れで心も体もデリケートな時期ですから、ゆっくり休養をとり、無理をしないように気をつけていきましょう。

前向きな気持ちで健康作りを

産後脱毛症は誰にでもあるものです。気にしすぎると頭皮の元気にも影響しますので、深刻に悩まないようにしましょう。また、産後は栄養バランスに気をつけて、できるだけ体を休めるようにし、発毛を促す健康な体作りを心がけてくださいね。